脳性麻痺とは、お母さんのお腹の中にいる間から、生後4週間までの間に発生した脳への損傷によって引き起こされる運動機能の障害を指します。
アテトーゼ型、痙直型、固縮型、失調型、混合型に分類され、そのタイプによって症状が異なりますが、手足の麻痺・筋緊張・側弯・不随意運動などの症状が見られます。
脳性麻痺は進行することはありませんが、二次障害という形で障害は重くなることがあるといえます。
楽に生活するために、緊張を和らげるマッサージや運動法を実施しています。